▼画像をクリックすると受賞作品を見ることができます  
 
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

第7回関宿スケッチコンクールによせて

今年で7回目を迎えた「関宿スケッチコンクール」。奇数年の開催日は良いお天気とのジンクスどおり、晴天に恵まれました。
実行委員の到着より早く、すでにイーゼルを立てて描いている参加者もみえて大感激。
遠くは東京、大阪、京都からの参加者を得て今年も大勢の方々が、スケッチを楽しんでくださいました。
町並みの一角にイーゼルを立てて絵を描く人。
クレヨンを握って夢中で描いている親子づれ。
その様子を笑顔で見守っている地元の人々。
「上手いね」「すごいな」と声をかけていかれる観光客。
毎年の光景ですが、いつも感動します。
寄せられた作品は、今まで気づかなかった関宿が描かれています。違った角度からみる関宿。表現者の目でみる関宿。これからも、このコンクールの参加者によって魅力的な関宿が発見されることでしょう。
プロの作家とアマチュアが参加するこのコンクール。作品の質の高さは素晴らしいものです。
今年も審査員の先生方は選考に長時間、悩んでみえました。
作品展でゆっくりと、ご鑑賞いただければ幸いです。
文化を活用した町づくりや、地域の振興、文化財の保存意識の向上といった面からもこのコンクールは意義深いものがあります。今後も魅力ある、質の高いコンクールを目指して、実行委員一同努力いたします。
ご協力いただきました関係機関、関係者の皆様に心より、感謝を申し上げます。

第7回関宿スケッチコンクール実行委員会
代表 森 敏子


【審査員講評】

加藤 茂外次 氏
今年は天気にも恵まれ、スケッチをしていても気持のよい1日で、作品も気持のよい力作が集まりました。中でも個性のある作品や力強い作品が入賞しています。
大賞の真弓さんは、街並の中に通り過ぎる人々を白く抜いたスケッチで配し、訪れた人々の息吹を感じる空気感にあふれた作品になっています。まちなみ賞の服部さんは、雲間からのぞく青空が清々しく、屋根の描写が生き生きとしています。審査員特別賞の加藤さんは、水彩の表現力が素晴らしく、白く残した線が画面をひきしめています。
子供の部の作品は、それぞれの個性を生かし、懸命に描写している姿や、色や形のリズムを楽しんでいる様子が目に浮かぶようです。大人の部も子供の部も、描きたいものを自分独自の視点で描いていく楽しさがあふれています。

坂本 泰漣 氏
関宿まちなみ賞の河邑清さんの作品は、細部にとらわれない伸び伸びとした黒のストロークのなかに赤や青の微妙な色彩がアクセントになって力強い存在感を放っています。
審査員特別賞の岩田隆さんの作品は、縦と横の線が作り出す長方形が独特なリズムを刻み、どこか音楽的な感興を覚え、観る方を引きつけます。
秀作の黒江めぐみさんは、透明感のある色彩が柔らかく優しい詩情を生む魅力的な作品になっています

服部 泰彦 氏(NPO東海道関宿)
「回を重ねるにつれて年々レベルが上がって」という決まり文句を書こうと思いながら今年の作品群を見た途端、今年の作品の力作、秀作ぞろいに圧倒されています。入選されなかった中にも、関宿の雰囲気を強く感じる作品が何点かあったのが、少し心残りですが、今年の作品の出来はそれもやむを得ないと思わせるものでした。


 
     
 
     
 

【入賞・入選者一覧】

◆出品総数:189点 ●一般の部  108点 ●子どもの部  53点
   
  <一般の部>
  関宿スケッチ大賞

真弓 俊郎

(津市)

「行きかう人々」
  関宿まちなみ賞

河邑 清

(鳥羽市)

「玉屋虫籠窓」
     〃

服部 よし子

(四日市市)

「秋の関宿」
  亀山市
観光協会長賞

中川 淳子

(四日市市)

「関宿」
  審査員特別賞

岩田 隆

(鈴鹿市)

「佇まい」
     〃

加藤 栄

(津市)

「関の地蔵」
     〃

前田 大伸

(四日市市)

「眺関亭より望む」
       
 
秀作(8点)
  黒江 めぐみ (津市) 「関宿スケッチコンクール」   小垣内 学 (四日市市) 「関宿」
  笹井 秋郎 (松阪市) 「心・新たに」   杉山 るり子 (四日市市) 「鐘楼」
  田中 昌二 (鈴鹿市) 「参拝」   豊田 陽男 (津市) 「秋晴れの御馳走場」
  福井 勝 (松阪市) 「関宿、関の戸付近」   安原 初穂 (京都市) 「関宿の坂道」
       
 
入選(15点)
  石川 勉 (名張市) 「関宿の骨董屋」   稲垣 敏子 (鈴鹿市) 「ナガオ薬局さん」
  今地 揚子 (津市) 「関地蔵院」   奥村 邦彦 (津市) 「関宿(路地裏)」
  小野 結彩 (松阪市) 「関宿の街」   鎌田 優 (鈴鹿市) 「旅人宿 石垣屋」
  澤田 京美 (津市) 「福蔵寺さんへおまいり」   杉本 圭介 (亀山市) 「骨董屋」
  燒リ 勉 (四日市市) 「関の山」   田中 ゆか (東京都板橋区) 「美しい関宿」
  濱崎 重夫 (鈴鹿市) 「弘善寺境内」   林 正夫 (滋賀県草津市) 「山石あたり」
  藤城 郁哉 (津市) 「秋本番」   松岡 麻紀 (津市) 「関の町並み」
  三谷 ひさ (桑名市) 「新所の町並み」      
 
 
 
     
 
     
 
 
  <子どもの部>    
       
  金 賞 目 海 (名張市・中学校2年) 「関宿の古物店」
  銀 賞 北川 晴基 (亀山市・小学校3年) 「きれいな鐘」
   〃 藤善 ほほか (亀山市・小学校2年) 「お寺のしか」
  銅 賞 曽我 明日香 (鈴鹿市・小学校2年) 「小さいつりがね」
   〃 寺田 優芽 (桑名市・小学校4年) 「福蔵寺」
   〃 生川 かなみ (津市・小学校2年) 「しめなわ」
  入選(10作品) 大島 佳子 (桑名市・小学校3年) 「古い町並み」
   〃 大島 千佳 (桑名市・幼稚園年長) 「はじめての関宿」
   〃 鏡原 帆波 (亀山市・小学校4年) 「関宿の町なみ」
   〃 川邊 葵 (亀山市・小学校4年) 「地蔵院」
   〃 木田 康仁 (亀山市・小学校4年) 「福蔵寺門前」
   〃 佐野 泉 (亀山市・小学校2年) 「かねき」
   〃 寺川 華奈 (鈴鹿市・小学校1年) 「玉屋の絵」
   〃 生川 みのり (津市・小学校6年) 「きれいな花の家」
   〃 番場 咲夢 (亀山市・小学校2年) 「きれいな音楽、きこえてくるよ(石垣屋さん)」
   〃 藤田 まみ (津市・小学校5年) 「延命寺」