▼画像をクリックすると受賞作品を見ることができます  
 
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

第5回関宿スケッチコンクールによせて
素晴らしく晴れ渡った秋空のもと、今年も「関宿スケッチコンクール」を開催しました。
5回目の記念すべきコンクールです。
受付時刻の1時間前から、参加者のみなさんが並んで待っていただいている様子に胸が熱くなりました。 今回も県外からの参加者もみえて、実行委員一同、大感激でした。 まちなみの通りにイーゼルを立て、熱心に筆を走らせている人たち。 親子で語り合いながら、楽しそうにクレヨンを握って描く子どもたち。 参加者を取り囲んで、覗き込んでいる街の人々。 「上手いな!」「素晴らしい!」と声をかけながら歩く観光客の一群。 この光景は毎年のものなのですが、いつも感動します。
今年も関宿の魅力が溢れた、個性的な作品が数多く寄せられました。
例年通り、審査員のみなさんは長い時間をかけてそれぞれの賞を選びました。
昨年に引き続き、このコンクールは亀山市市民参画協働事業として行政とのコラボレーションで催しています。 歴史・文化を生かし、地域の魅力を引き出していくまちづくりのために、これからも公と協働できる仕組みを探りながら、取り組んでいきたいと考えています。
ご協賛をいただきました多くのみなさま、ご協力をいただきました関係者のみなさまに、心よりお礼と感謝を申しあげます。

第5回関宿スケッチコンクール実行委員会
代表  森 敏子


【審査員講評】
小原 喜夫 氏(版画家・四郷版画館館長・国画会会員)
関宿スケッチ大賞の橋本美代子さんは、地蔵院の鐘楼を左半分に、右後方に本堂、右手前に外塀というどっしりとした構図。それぞれの屋根の丸瓦や平瓦の表現に、鋭利なもので引っかき凹線をつくり、その上から黒クレヨンを塗り白く線を浮き上がらせた技法がおもしろくて効果的である。軒下の赤やつり鐘のきみどり、そして黄色が右画面の黒い色調との対比の中でユニークなアクセントになっている。
まちなみ賞の南荘八さんは、関支所の3階から南向きにみた鳥瞰図。青い空、連なる山々、手前の町並みの屋根瓦群と画面を三等分し、横に広がりのあるスケールを感じさせる画だ。コンテの野太い線が画面全体に奔放に走り、みどりや紫の山々が存在感をもってたたずんでいる。
まちなみ賞の福井勝さんの画は、サインペンの黒でさらさらとしたため、上から淡い水彩で色づけた現代の南画か。心地よい軽さがみるものをほっとさせてくれる。

田島 健次 氏(洋画家・一水会常任委員)
関宿スケッチ大賞の橋本さんは、地蔵院の鐘楼を主役にし、屋根瓦をクレヨンや引っかき描法で脇役を固めて充実した表現。まちなみ賞の南さんは、屋並みと山脈の遠望を色面効果で強調。福井さんは、サインペンの軽快なタッチで熟練の味を出す。審査員賞の服部よし子さんは、人物を中心に入れて淡白な味わい。
子どもの部で、金賞の古川さんは地蔵院の屋根を丁寧に描き込み関のシンボルを力強く表現。銀賞の寺田君の「おじぞうさん」は、無垢な心で一気にとらえ躍動する線が楽しい。北川君は、大胆な色彩のタッチで元気一杯の作品。銅賞の井川さんは、瓦の色を工夫したり赤い提灯や欄間の形まで見つめる眼差しに好感。生川みのりさんは、「たぬきのそばや」のタイトルを紙一杯に表現。
総評的には、関宿という概念の中でとらえるアングルは、ともすれば類似傾向に偏することはやむをえないが、その中でなんとか独自の眼差しでモチーフを発見してゆく姿勢が傑作につながります。入賞作品にはそのような力点が含まれていると思います。

服部 泰彦 氏(NPO東海道関宿)
絵画には素人の私が、審査する基準は只一つ。「関宿の町並み」が好きで町並みの雰囲気を表現したいという意慾を感じることが出来るか、という一点です。
過去4回の審査でも、そこが他の審査の方々と違っていて、私の悩みでありました。そして、今年も同じでした。


【入賞・入選者一覧】

◆出品総数:137点 ●一般の部  93点 ●子どもの部  44点
   
  <一般の部>
  関宿スケッチ大賞 橋本 美代子 (四日市市) 「知行付の鐘」
  関宿まちなみ賞 福 井   勝 (松阪市) 「関とお稚児さん」
     〃 南    荘八 (多気郡明和町) 「関宿・山と甍」
  亀山市観光協会長賞 小垣内   学 (四日市市) 「関の辻」
  審査員特別賞 石 川   勉 (名張市) 「伊藤酒店前にて」
     〃 豊田 陽男 (津 市) 「関宿の稚児行列」
     〃 服部 よし子 (四日市市) 「関宿−桶屋現役四代目」
       
 
秀作(10点)
  森瀬 美穂 (津 市) 「こころ」   濱崎 重夫 (鈴鹿市) 「福蔵寺境内」
  岩脇佐代子 (津 市) 「関のまちなみ地蔵院を眺む」   高谷 敏之 (名張市) 「好天の関神社」
  杉本 圭介 (亀山市) 「関の酒屋」   伊野   薫 (鈴鹿市) 「関の戸」
  鎌田   優 (鈴鹿市) 「くらぞうさん」   藤城 郁哉 (津 市) 「千客万来」
  水原 恒士 (亀山市) 「関宿 福蔵寺」   加藤 輝子 (大阪府高槻市) 「書状集箱」
       
 
入選(15点)
  山崎   保 (四日市市) 「関宿の町並み」   黒江めぐみ (津 市) 「関のお地蔵さま」
  杉浦芙貴子 (鈴鹿市) 「延命寺」   生川 朋義 (津 市) 「地蔵院の石垣より」
  星野 章子 (鈴鹿市) 「裏街道」   信國 庸夫 (津 市)

「関にて山石さん」

  大柳 正邦 (伊賀市) 「福蔵寺の山門」   村田さつき (亀山市) 「ひだまり」
  澤田 京美 (津 市) 「秋日」   宇仁田治美 (津 市) 「関宿」
  金児 明彦 (四日市市) 「関街道/関の戸」   岩田   隆 (鈴鹿市) 「関宿 街道」
  藤田 昌久 (津 市) 「南174 黒宮邸」   伊藤紀美子 (津 市) 「つきあたりの店屋」
  高木 勉子 (四日市市) 「関宿にて」      
       
  <子どもの部>    
       
  金 賞 古川 真優 (亀山市・小学校5年) 「地蔵院」
  銀 賞 寺田 快生 (桑名市・幼稚園年長) 「おじぞうさま」
   〃 北川 晴基 (亀山市・小学校1年) 「じぞうさん」
  銅 賞 井川 結理 (亀山市・小学校2年) 「わたしのまちのお地ぞうさん」
   〃 生川 かなみ (津市・保育園年長) 「たぬきちちゃんのおみせ」
   〃 生川 みのり (津市・小学校4年) 「たぬきのおそばやさん」
  入選(11作品) 真弓 輝也 (鈴鹿市・幼稚園年長) 「あいづや」
   〃 葛西 茜音 (亀山市・小学校5年) 「玉屋」
   〃 寺田 優芽 (桑名市・小学校2年) 「お寺」
   〃 山田 風雅 (鈴鹿市・小学校6年) 「丸いやね」
   〃 坂口 達郎 (亀山市・小学校4年) 「山車倉」
   〃 弓削 瑛嗣 (鈴鹿市・小学校1年) 「小平屋さんでおやつ」
   〃 川邊   葵 (亀山市・小学校2年) 「天気のいい日のかね」
   〃 西川路 涼太 (亀山市・小学校1年) 「あいづや」
   〃 曽我 明日香 (鈴鹿市・幼稚園年長) 「おてらのやね」
   〃 藤善 ほほか (亀山市・保育園年長) 「おじぞうさん」
   〃 小林 智耶子 (鈴鹿市・小学校1年) 「おこわ」